• 2022年 08月
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31    
    休業日
  • 2022年 09月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  
    休業日
さつま揚げの薩摩家ホームページへ 「さつま揚げ」の薩摩家の紹介ページです。
西通りプリンのホームページへ 福岡発祥の贅沢プリン「西通りプリン」の紹介ページです。
 

ナッツ

龍屋物産のドライフルーツとナッツ

龍屋物産のナッツ

わかっちゃいるけどやめられない

わかっちゃいるけどやめられない

食後のデザートだけでなく、 ちょっと小腹がすいた(気がする)時のおやつ等、 誘惑に負けてついつい手が伸びてしまう甘いもの。 同じ甘いものなら。。。。 天然の甘みを活かしたドライフルーツ 食事で不足しがちな栄養素を効率的に摂取できるナッツ類はいかがでしょうか?

ナッツは栄養素の宝庫!

ナッツはお好きでしょうか? グラノーラやお菓子に入っているナッツですが、そのままの素焼きナッツも健康食として人気を集めています。 ナッツに多く含まれる脂質は、からだに良い脂肪であり、不足しがちな栄養素もしっかり摂ることができます。 いつもの「おやつ」や「おつまみ」をナッツに変えてみませんか。

ココがすごい!ナッツのチカラ

〜 不飽和脂肪酸(ふほうわしぼうさん) 〜

脂肪と聞くと、「太る」「高カロリー」「からだに悪い」というイメージをお持ちの方も多いと思います。
ところが!
脂肪の構成要素である脂肪酸(脂質)には、
・主に動物性の脂肪に含まれる「飽和脂肪酸」
(肉、チーズなどの乳製品、チョコレート等)
・植物や魚の脂に多く含まれ、体内で合成できない「不飽和脂肪酸」
(ナッツ、大豆製品、オリーブオイル、そば等)
の2つがあります。

飽和脂肪酸を多く含む食品(固まる油)

飽和脂肪酸を多く含む食品
(固まる油)

不飽和脂肪酸を多く含む食品(固まらない油)

不飽和脂肪酸を多く含む食品
(固まらない油)

さらに、不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸多価不飽和脂肪酸に分けられます。
一価不飽和脂肪酸でよく知られているのは、オレイン酸で血液中のLDLコレステロールを下げる効果があります。
多価不飽和脂肪酸の中には、リノール酸、リノレン酸、アラキドン酸など体内で合成できない必須脂肪酸と、魚の油に多いイコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸などがあり、動脈硬化や血栓を防いだり、血圧を下げる他、一価不飽和脂肪酸同様、LDLコレステロールを下げるなど、様々な作用が期待できます。

これらの「不飽和脂肪酸」は、ナッツに多く含まれていて、いつものおやつやおつまみをナッツに変えるだけで、不足しがちな栄養素を手軽に摂取することができます。

アーモンド

アーモンドの脂肪酸組成の約90%以上は、LDLコレステロールを抑制する働きのある不飽和脂肪酸で構成されています。
また、ナッツ類の中でもミネラルバランスに
優れ、食物繊維、ビタミンE等も多く含まれて
いて、美容・健康にうれしい栄養素が効率よく摂取できます。
一日に適量を召し上がれば、様々な健康効果が期待できる食品です。

アーモンド
カシューナッツ

アーモンドやクルミと比べて甘さが強いのが特徴です。
カシューナッツの脂肪酸組成は、
約75%以上がLDLコレステロールを
抑制する働きのある不飽和脂肪酸で
構成されています。
細胞の酸化を防ぐ働きのあるオレイン酸が豊富に含まれており、アンチエイジングや生活習慣病の予防に効果が見込めます。
さらにタンパク質と糖質が多く、マグネシウムやビタミンB1、鉄、銅、亜鉛などのミネラルも豊富です。

カシューナッツ
クルミ

クルミの栄養価は、一価不飽和脂肪酸と
多価不飽和脂肪酸の比率が1:4と
ほぼ理想的なバランスです。
他の植物性タンパク質に比べて
アミノ酸組成のバランスも良質で、
ビタミン、ミネラル、食物繊維等、現代人に不足しがちな栄養素をバランスよく詰め込んだ健康的な食品です。

クルミ
マカダミアナッツ

マカダミアナッツの脂肪酸組成は、
80%以上が不飽和脂肪酸です。
中でもオレイン酸と美肌効果のある
パルミトレイン酸がほとんどの割合を
占めており、淡白な甘みとソフトな口当たりで幅広い範囲で製菓材料等に使用されている 人気の高級ナッツです。

マカダミアナッツ

総5件

整列 : [価格] [名前] [製造元]

ページトップへ戻る